送る側が得する宅配サービスについて

アプリをダウンロードする人が増えました

お互いの住所を印字しない

送る側にとっても自分が出品した商品が落札された事はとても良い事なのですが、その際に少し落札者に対して知られたくない事もあると思います。
特に、近年では個人情報の漏えいが多い為、個人情報を知らない相手に教える事に対して抵抗を示す人もいます。
最近では、そんな個人情報をしっかりと守る意味もあるようで、ネットオークションを利用した際にお得に使う事が出来るサービスもあります。

それは送る側にとっても安心する事が出来る住所の印字をなくすサービスです。
ですが、商品を送って貰う相手も同じくこのサービスを利用出来るみたいです。
それだと送り先も分からないので不安になると思うのですが、そこは宅配サービス業者が送り先の住所をネットオークションの業者から聞いているので匿名でも大丈夫なのです。
配送したらすぐにシュレッダーにかけて個人情報の漏えいを防ぐ為に破棄する事になっているので利用する人が増えています。

送る側を匿名にする事が可能

送る側の名前も匿名にする事も出来るようです。
送る側が得するサービスは年々増加しているのには、前の記事でも紹介した個人情報の漏えいを防ぐ意味もあります。
受け取る側もネットを確認する事により誰からの配送なのか知る事が出来るので成立するサービスなのです。

宅配サービス業者も今では全てネットで情報を管理している事が多いので、例え配達途中であっても専用の機械から個人情報は確認する事が出来るようになっています。
匿名サービスを利用する事で、安心して様々な商品をネットで販売する事が可能ですし、危険な犯罪に巻き込まれる心配はなくなります。
ですが、利用する際には様々な決まりがあるのでそう簡単には利用出来ないようになっています。
特に、未成年に対しては使用が出来ないようになっているのです。